作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

小倉広メルマガvol.327 出かける準備を済ませてから作業する



vol.327 『出かける準備を済ませてから作業する』 
出典:何をやってもうまくいかないあなたがたった1分で自分を変える100の方法



バタバタバタッ。奥さんが家の階段を駆け上がってきます。
「ああ、時間がない」「遅刻しちゃう!」
どうやら外出の準備を大急ぎでしているようです。
女性は化粧をしたり、髪形を整えたり、
洋服を取っ替え引っ替えしたりとすることが多いので、
準備に時間がかかって大変だろう。

だから最初に出かける準備を済ませてから、ほかのことをすればいいのに。
そう思いながら、私はかつての自分を思い出しました。

「わー、どうしよう!」「時間がない!」と、
出かけるギリギリになってからジャージを脱ぎ捨てて
スーツに着替え、かばんに荷物を詰め始める自分。

そして「あれがない、これがない」と探し周り、
けっきょく遅刻をしたり、忘れ物をしたり。
20代、30代の頃はさんざん同じ失敗を繰り返してきました。

あるとき、遅刻や忘れ物をすることが
ワイングラスの穴(※)になっていると気づいてからは、
なんとかその状況を改めようとしました。

しかし選刻しないようにと急いで準備をしているはずなのに、
やはり3分、5分の遅刻をしてしまいます。なぜだろう?
私は自分の行動を振り返りました。
「遅刻してしまうのはなぜか?」→
「出がけにバタバタしていることが原因ではないか?」→
「ではなぜバタバタしているのか?」→
「出かける準備ができていないからだ」→
「なぜ準備ができていないのか?」→
「出かけるギリギリまで仕事をしているからだ」→
「じゃあ、準備をしてから仕事をすればいいではないか!」

そんな単純なことに気づいた私は、
それからは出発する時間の1時間前になったら、
いったん仕事を脇に置いて出かける準備をします。

スーツに着替えて、かばんに必要な物を全部詰める。
行き先までの乗り換え案内を調べてプリントアウトする。
そしてまた仕事に戻ります。
早くに準備をしてもギリギリに準備をしても、
準備にかかる時間は一緒です。

それなら先に準備をしておき、余裕を持って出かけるほうがいい。
当たり前のことですが、
やっている人は意外に少ないのではないでしょうか?

※ 『何をやってもうまくいかないあなたがたった1分で自分を変える100の方法』P.19参照

Top