作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

小倉広メルマガvol.322 リーダー自らが模範を示す



vol.322 『リーダー自らが模範を示す』 
出典:リーダーのための7つのステップ 49のコツ



◎自分の言葉で信念を語る

人事異動で新しい店舗に着任した山田店長は、
その店の汚さに驚きました。
トイレ掃除は表面だけ。タオルハンガーの構には、ほこりがたまったまま。

店舗内に目を移せば、
お客様から見えるところに乱雑に段ボールが山積みされています。
山田店長は確信しました。まず清掃から始めなくては業績向上はない。
そして、こう宣言しました。
「掃除なくして業績なし。見えないところもピカピカに!」 。
それからの山田店長は、毎日口を酸っぱくして清掃の大切さを訴え続けました。
清掃シフトを組み、チェックリストやマニュアルも整備しました。
しかし、以前よりましになったとはいえ、
まだまだ満足できる水準ではありませんでした。
店長がガミガミ言えば、彼らは仕方なく掃除をします。
しかし、店長が言わなければ誰もやらない。
そんな状態が続いたのです。

◎行動で模範を示す

山田店長は考えました。なぜ自分から動こうとしないのだろう?
清掃の大切さはわかっているはずなのに。
店長は考えつくした果てに、気づきました。
なんだ、自分自身が手を動かしていないじゃないか。動かすのは口ばかり。
これではメンバーはついてきてくれない。
そう気づいたのです。

それから、店長は誰よりも早く店に来るようになりました。
そして、1人で事務所や社員用のトイレ掃除をすることにしたのです。
それを誰にも内緒で、何ヵ月間も黙々と続けたのです。
ある日、店長がトイレ掃除をしている姿を、
リーダー格の社員が見つけました。その社員は胸が熱くなりました。
「店長にこんなことをさせている自分は、なんて恥ずかしいんだ…」。
そう考え、彼が替わって掃除を始めたのです。
やがてその波が1人から2人、そして全員へと広がっていったそうです。

そしてこの店は、店長の宣言どおりに全国一になりました。
原因は紛れもなく、店長が命令ではなく、
模範を示したことにあったのです。

◎メンバーにも求める

リーダー自身が「模範を示す人」であることを
メンバーに認めてもらえたならば、メンバーにもそれを求めます。
すなわち、人の批判をする前に、
自分が模範を示すことを求めていきましょう。

やがてそれは、あなたのチームの組織文化となることでしょう。
たとえば、 ゴミが落ちているのに気づいても知らん顔をする人ばかりのチームと、
リーダーだけがゴミを拾うチーム、そしてリーダーもメンバーも
全員が真っ先に自分からゴミを拾うチーム。
どれが良いチームかは、言うまでもありません。

目指すべきは、全員が批評家ではなく、
全員が自ら模範を示すチームです。
そのためにはまず、
リーダーであるあなた自身が模範を示すことから始めなくてはなりません。

Top