作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

生き方を学ぶ読書会 人間塾概要


参加費無料の読書会 人間塾とは?

人間塾は、一般社団法人人間塾が主催し、塾の参加者が自ら運営する無料の勉強会です。
「リーダーシップとはリーダーの生き様そのものである」。真のリーダー育成は「人間力」を高める他に方法はない、との信念から人間塾は運営されています。
人間塾は、論語や老子などの東洋哲学、その薫陶を受けた森信三、安岡正篤などの書籍、さらには、アルフレッド・アドラー、サミュエル・スマイルズ、V.E.フランクルなどの西洋の心理学や「生き方」に関する書籍を課題図書に、月1回土曜日に、東京、名古屋、関西で開催しています。また、全国各地で塾の参加者が支部会を開催しています。どなたでも、いつからでも、何度でも参加できます。

人間塾は、開催日ごとに指定されている課題図書を基に、日常の「気付き」について、プレゼンテーションもしくはディスカッションを行います。
課題図書の事前準備をすることで、より深い学びが得られるものと思います。

目的

共に学ぶ参加者同士の影響力により互いの人間力を高め、社会への貢献・ご恩返しを実践する。
また、社会への貢献・ご恩返しを通じ、私たち自身が悩みや苦しみから解放され「させていただく幸せ」を実感していく。

運営方針

人間塾は、誰かに何かを「教えてもらう」場ではありません。誰かに運営を「してもらう」場でもありません。
参加者全員が手弁当で会を運営して参ります。机とイスを設営し、受付をし、雑務をするのは「誰か」ではなく「私たち」です。作業を「指示」する人はいません。
「何ができるか?」を常に自分で考え、自分ができる貢献を探して動く人の集まり、それが人間塾です。本を読むこと以上に、会を通じて「利他の心」で「献身」することを重視します。会の中でどのように振る舞うのか? 会に来る前の電車の中、家族への接し方、日頃の職場での働き方、すべてが学びの場であり、人間塾である、との考えで会を運営して参ります。「してもらう幸せ」ではなく「してあげる幸せ」「させていただける幸せ」を大切にする会です。

進行方法

課題図書を事前に読み込み「感想・気づき」「本文の中で心に残った箇所から想起された自分の体験エピソード(失敗談、失敗→成功談、よくしてもらった体験談)などを用意し、当日発表される課題についてプレゼンテーションもしくはディスカッションを行います。参加者は相互の発表を聞きながらさらに学びを深めます。さらに、(アクションラーニング形式)発表者に対して人間塾塾長の小倉広がコメントします。
※課題内容や進行方法は予告なしに変更になることがあります。

課題図書

本会(東京・関西・名古屋)における課題図書は毎月1冊(内容によっては2ヶ月に1冊)です。支部会における課題図書は、本会にて過去に指定された課題図書の中から、各支部長が独自に選定することとなっています。
課題図書一覧へ

日時

人間塾の本会(東京・関西・名古屋)は月1回開催です。原則として、東京は第4土曜日、名古屋・関西は第1土曜日に開催予定です。
本部会(東京・関西・名古屋)へ

支部会の開催は、月1回もしくは隔月もしくは四半期に一度のいずれかを支部長が設定し、定期的に運用しております。お近くの支部にお問い合わせ下さい。
支部会(全国各地)へ

Top