作家、講演家、企業研修講師、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

任せる技術~自分でやった方が早い病への処方箋~


■概要 ・「任せたくても任せられない」「長期的な部下・後輩育成と短期的な業績の両立」というジレンマの解決方法を5W1Hで学んでいきます。
・「任せる」際に必須となる具体的なコミュニケーション手法をアドラー心理学のカウンセリング技術を応用してお伝えします。
■対象者 管理職、中堅リーダー、経営者
■期待される効果 ・「任せられない理由」がわかり、どうすれば任せることができるのかが理解できる
・「放任」でも「世話焼き」でもない、部下とのほど良い距離感が見つかる
・ 短期的業績達成と長期的育成の両方を実現する任せた後のフォロ−法が身につく
■時間 講演 1〜2時間 研修3〜8時間 (休憩含) *要望に応じたカスタマイズ可能
■カリキュラム
*予告なく一部変更になる場合があります
1 WHY なぜ任せる
 ・部下にとって良いこと、上司にとって良いこと
 ・部下が育つ以上に上司が育つ 【バズセッション】
 ・頭でわかっても腹に落ちない人のための3つの質問
2 WHEN いつ任せる? 
 ・「任せる」事例 名言に学ぶ「任せる」 
 ・ CHANGEカーブ。一時的な落込みを怖れるな
 ・任せるとは失敗させることなり 【バズセッション】
3 TO WHOM 誰に任せる?
 ・全員一律に任せてはいけない
 ・権限委譲は全階層で順送り
 ・「任せる」とは、単なる担当変更ではなく文化を作ること
4 WHERE どこで任せる?
 ・100か0か、ではなくグラデーションで任せる
 ・年に1回の棚卸しではなく、毎日毎時任せる仕事を探し続ける
 ・小さな任せるの先に大きな任せるがある 【バズセッション】
5 WHAT 何を任せる?
 ・「振る」と「任せる」は何が違うのか?【 ワーク 】違いの対立軸を作る
 ・フォローはすべきか?せずに放任すべきか?
 ・任せた仕事の責任は上司が負うべきか?部下が負うべきか?
6 HOW どのようにフォローする?
 ・任せた後のフォローに有効な1 on 1
 ・納期通りにタスクを進めるタスクブレークとマイルストーン
 ・アドラー心理学に学ぶ勇気づけ【 ロールプレイ 】勇気づけ
■参加者の声 ・自分は任せるができている、と思いこんでいたが、実際は、単に仕事を振っているだけだった。
・任せることは、放任と勘違いしていました。口を出しすぎないフォローの方法があるのだと気づきました。
・アドラー心理学の結末を体験させる、には驚きました。課題の分離がわかると任せられるような気がします。
■講師からのメッセージ 「任せる技術」は、毎年ベスト3に入るほど多くの依頼をいただき、評価も抜群の人気コンテンツです。私が管理職や経営者だった頃の体験談、先端企業での実践事例など盛りだくさんでお伝えし、ワーク、ディスカッションもたっぷり実施します
download

Top