作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

3月7日配信 一偶を照らす vol.25『定年退職後も一生働く。生涯現役を目指す』




vol.25 「 定年退職後も一生働く。生涯現役を目指す」

出典:人生を後悔しないために38歳までに決めておきたいこと(日本実業出版社)



■「働くことが生きがい」は、恥ずかしいことではない。
40代にもなると、定年後の人生について具体的に考えるようになります。
65歳で定年退職だとしたら、そのときにもらえる年金は年にいくら。足り
ない分はいくらだな。

仮に80歳、85歳まで生きるとしたら、足りない金額に
15年、20年と年数をかけて。よし、そしたらその足りない金額を定年までに
貯金しておこう。

そんな風に計画を立てて貯金をしながら、あとは老後の日
々をどんな風に過ごそうかなと考える。だいたいそんなところだと思います。
でも、それだけで本当にいいのか?僕は皆に提案したいことがあります。

それは、定年後も働く人生を考えてみないか。と。75歳、85歳まで働く人生を
考えてみないか、ということです。生涯現役を目指すのです。もちろん、途
中で病気になるかもしれないし、倒れて体が動かなくなるかもしれない。そ
ういったときのために、やっぱり貯金は必要です。

100%目標通りの金額に
達しなくても、ある程度の貯金は用意しておきたい。それにプラスして、75
~80歳まで働く人生設計も考えてみてほしいのです。

政府が発表している「平成23年版高齢社会白書」のデータで、60歳以上で仕
事をしている人に「いつまで働きたいか」と尋ねた調査では、「働けるうち
はいつまでも」が最も多くなってきています。その理由としては「収入がほ
しいから」が一番多くて、次に「働くのは体によいから」と続いています。
「体が動くうちは働いていたい」と考える人は、結構多いのでは
ないかと思います。

でもそこで、「年をとっても働きたい」、「仕事が生
きがいだ」なんて言うと、仕事しかできない貧しい人、ワーカホリックみた
いで恥ずかしい、なんてことを言う人がいます。しかし、それはまったく違
う、と僕は思います。

もともと人間は、社会とつながりたい生き物です。人
間は、関係性の網の目によって初めて生きていることを実感できる。一人で
オリの中に入っているだけでは、生きていると感じることができないのです。

だから、友達とスポーツをしたり、ボランティアをしたりする。もちろんそ
ういった活動も、人とのつながり、社会とのつながりを保てます。だけどや
っぱり人と最も深く触れ合えること、ツラさやしんどさ、喜びも含めて人と
深く関われることといったら、ほかでもない仕事が一番なのです。

働くことが生きがいであると、そして、一生働いていくと、正々堂々宣言してみませ
んか。

「定年退職後も働くなんてかわいそう」、「恥ずかしい」なんて言う
人には、「いやいやそうじゃない、僕たちは幸せの為に働くんだ」と言えば
いい。そういう視点を一つ持って、定年退職後の人生設計をする。

そうすると、定年退職後も働き続けるためには、今、何をしておけばいいのかを考え
るようになる。おのずと40代以降の暮らし方や仕事の仕方が変わってくるは
ずです。

■人の幸せは、仕事を通じて全部手に入れられる
日本理化学工業という会社があります。この会社は、『日本で一番大切にし
たい会社』(坂本光司著、あさ出版)で、最初に紹介されました。その会社
を築いてきた大山康弘会長の言葉を、僕はよく使わせてもらっています。

「人間の究極の幸せは次の4つです。
人に愛されること、
人にほめられること、
人の役にたつこと、
人から必要とされること。
愛されること以外の3つは、働くことによって得られます。
私は、愛されることすらも働くことで得られると思います。」

僕はもう一度、声を大きくして言います。

「定年退職後も働くことは恥ずかしいことではない」、「むしろ素晴らしいことだ」と。
大山さんも言うように、人間の幸せは仕事を通じて全部得られるし、仕事を通じて
一番得やすいのです。幸せになりたかったら仕事をしよう。

もう年だから、と言い訳をするのはやめよう。身体が動いて元気なのであれば、
ぜひ仕事をして幸せを追求してほしい。そして、定年後も仕事が出来るよう、
今から独自の能力を身につけていってほしいと思います。

出典:人生を後悔しないために38歳までに決めておきたいこと(日本実業出版社)

【 編集後記 】
今日の東京はお天気も良く、日中気温が18度に迫るとか。ポカポカ春の陽気
です。春と言えば花粉の季節。私は,おそらく「花粉症」という言葉がまだこ
の世にない頃、今から40年以上前から筋金入りの花粉症。各種アレルギー検査
では、メーターがマックスに振り切れるほどにひどい症状が毎年続きます。

あまりの辛さにレーザーで鼻の粘膜を焼き切る手術を二回受けたことがあるほ
ど。今年も、覚悟していましたが、なぜか、まったく症状が出ません。目は相
変わらずかゆいのですが、マスクをしていなくても鼻づまりがまったくなく、
くしゃみもほとんど出ません。
思い当たる節は2つ。1つは医者に相談して「よく効く」という「ナゾネック
ス」という点鼻薬を使い始めたこと。もう1つは、1073R-1(明治食品)とい
うヨーグルトを1ヶ月ほど前から食べ始めたこと+ここ1年間の健康的な食生
活&早起きです。

どちらが効いているのか、どちらも効いているのか、は不明ですが、なんともあ
りがたいことです。このまま4月まで乗り切れれば最高!なのですが。
また、結果を御報告しますね。では、次回もお楽しみに!

Top