作家、講演家、企業研修講師、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

アドラーに学ぶ勇気づけの職場コミュニケーション


■概要 ・アドラー心理学は教育の心理学と呼ばれています。他心理学と違い、健常者対象に治療ではなく教育をするのがアドラー心理学です
・アドラー心理学のコミュニケーションの基本は、話を聴くこと、そして良い面に注目することです。本講座ではロールプレイを繰り返し技法を体で覚えます
■対象者 管理職、中堅社員、若手社員、経営者
■期待される効果 ・良好な対人関係を築くコミュニケーションの技法を学ぶことができる
・勇気づけのコミュニケーション技法を身につけることで協力的なチームが実現できる
・心理的安全性が確立されることで継続的な高業績が期待できるチーム形成ができる
■時間 講演 1〜2時間 研修3〜8時間 (休憩含) *要望に応じたカスタマイズ可能
■カリキュラム *予告なく一部変更になる場合があります 1 アドラー心理学とは
2 アドラー心理学の目的論
・原因論と目的論 【 ワーク 】不良生徒の目的は何か?
・【 ワーク 】 怒りの目的は何か? 落込みの目的は何か?
【 ワーク 】 私が繰り返し用いる感情や行動の目的は何か?
2 アドラー心理学の勇気
・勇気のある人、勇気のない人、勇気のない人の2類型【 バズセッション 】
・勇気づけとは?勇気くじきとは?
・リディア・ジッヒャーによる縦の関係、横の関係
3 アドラー心理学の勇気づけ
・【 ロールプレイ 】話しを聴く
・【 ロールプレイ 】ほめずに勇気づける
・【 ロールプレイ 】私の失敗体験
・【 ロールプレイ 】私の欠点
■参加者の声 ・勇気づけ、という言葉を初めて知りました。私のこれまでのコミュニケーションは勇気くじきであることが多かったと気づき改めたいと思いました
・いつも途中で割り込んで最後まで話しを聴いていなかったことに気づいた。話すより聴くことが大事だと思った
・感情や行動に目的がある、というのは大きな発見でした。ロールプレイやディスカッションがたくさんあり、最後まで眠くならずに集中できました。
■講師からのメッセージ コミュニケーションは理屈ではわかりません。実際にロープレやディスカッションで体感しなければ身につきません。本講座は最初から最後まで体感型で統一されており、高い満足度をいただく研修です。誰にでも役に立つ学びが満載です
bb
rNavi01

Top