作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

アドラー心理学・性格診断カウンセリング


adler_Top

無意識の人生シナリオが、
あなたの言動を決定しています。

あなたが小学生の男の子だったとしましょう。あなたが学校の廊下を歩いていると、向こうから、かわいいクラスメイトの女の子が歩いてきました。そして、通り過ぎる時にあなたを見て、くすっと笑いました。さて、あなたはどのように感じますか?

1. 笑われてしまった。どこかおかしなところがあるのだろうか?バカにされたのだろうか?
2. 好かれている。あの子はボクに気があるに違いない。ボクを友だちとして大好きなんだろうな。

1 を選んだ人は、自己肯定感が低く、他者を信頼できていません。「自分には価値がない」 「周囲の人は自分をバカにする」 という考え方の傾向を持っています。
2 を選んだ人は、自己肯定感が高く、他者を信頼できています。「自分には価値がある」 「周囲の人は仲間である」 という考え方の傾向を持っています。
alfredadler
▲ アルフレッドアドラーAlfred Adler 1870 – 1937
1 を選んだ人は、教室に戻ると、女の子と目を合わさないようにするでしょう。クラスメイトの輪にも自らは入らないでしょう。
2 を選んだ人は、教室に戻ると、女の子に積極的に話しかけるでしょう。クラスメイトの輪にも自らどんどん入っていくでしょう。

起きたできごとは一つです。しかし、1 を選んだ人と、2 を選んだ人の言動はまったく違うものになります。そして、それらが積み重なっていくと、両者の人生は決定的に違うものになっていくのです。

大切なのは、客観的な事実がどうか、ではありません。主観的な認知(思い込み)がどうか、こそが重要です。女の子の笑った理由が実際にどうだったかよりも、そのできごとにどのような意味づけをするのか、の方が重要であり、それが人の行動を決定するのです。これをアドラー心理学では「認知論」と呼び、あらゆる考え方の前提に置きます。
model▲ 認知モデル
アドラー心理学では、このような考え方の癖=認知パターンをライフスタイル(性格)と呼びます。あなたが普段、何気なく、当たり前のように選んでいる言動は、このライフスタイルにより無意識に、自動的に、パターン的に決定されているのです。

あなたにとって、このライフスタイルはあまりに当たり前すぎて、それが存在していることにさえ気づいていません。そして、それ以外の選択肢があることなど考えもつかないのです。
あなたの行動、そして感情(怒り、悲しみ、喜び、楽しさなど)は、できごとや状況が決めているのではありません。あなたの認知のパターン=ライフスタイル(性格)が決めているのです。
アドラーは行動や感情を「排泄物」と呼びました。行動や感情といった排泄物を変えようとしてはいけません。その源である認知=ライフスタイルを認識し必要に応じて変えていくことこそが必要なのです。

→ アドラー心理学とは? (アドラー心理学 for Business

ライフスタイルについて(1)小倉広メルマガ vol.144「 幸福な人生を歩む人のライフスタイル 」
ライフスタイルについて(2)小倉広メルマガ vol.150「 ライフスタイルを変えるとは 」
ライフスタイルについて(3)小倉広メルマガ  vol.151「 性格は死ぬ1~2日前まで変えられる 」

早期回想、家族布置で
あなたの人生シナリオをヒモ解きます。

アドラー心理学のライフスタイル分析は、主に以下の三つを用います。
◎ 早期回想分析

幼少期(10歳まで)の記憶にあるエピソード(定例反復的ではない、ある日ある時、始まりと終わりがあるもの)を自由にお話いただきます。カウンセラーはそれを筆記し分析します。エピソードは通常3〜6個集めます。

カウンセラーは話の内容のみならず、クライアントが話す時の姿勢、表情、身振り、視線、さらには後述する家族布置分析や特殊診断質問、主訴の見極めなどを総合的に判断し、以下の三つに集約されるクライアントのライフスタイル=人生シナリオ(性格)を言語化します。
その際には、クライアント本人との共同作業で行い、最終的な決定はクライアント自身の納得感を重視します。
concept_1▲ライフスタイルの構成要素
小倉広のケース(1)小倉広メルマガ vol.140 「 アドラー心理学の早期回想分析でわかった小倉広の心の中 」
小倉広のケース(2)小倉広メルマガ vol.207「あの失敗もこの失敗も、ライフスタイル(性格)が原因だった」
小倉広のケース(3)小倉広メルマガ vol.209「『特別である』のをやめて『家族になる』
小倉広のケース(4)小倉広メルマガ vol.165 「うっかり者」
小倉広のケース(5)小倉広メルマガ vol.91「 半沢直樹を一度も見ない小倉広の人生脚本 」

◎ 家族布置分析
ジュノグラムと呼ばれる家系図を書きながら、クライアントの家族布置を筆記します。家族関係のみならず、家族それぞれの性格や家族間の人間関係(誰と誰が仲が良く、悪かったか? 父母はきょうだいの誰を一番かわいがっていたか?誰が父や母に似ているか)また、それぞれの職業、さらには各種能力の優劣やきょうだい間競合などを聞き取ります。
また、家族で大切にしている価値感(例:正直であることが大切、お金が大切、世間体が大切、など)や家族の雰囲気 (例:親密、疎遠、暗い、明るい、穏やか、嵐のよう、など)も分析対象とします。

◎ ライフスタイル(性格)タイプ分類診断テスト

簡易な質問に答えていただき、あなたが12の分類のいずれに当てはまるかを診断します。なお、アドラーは類型化を嫌い、ライフスタイル一人ひとりすべて異なることを重視しました。そのため、このタイプ分類はあくまでも理解を助けるための補助ツールとして用いることとします。
concept_2
▲ ジュノグラム

カウンセラーの力量と経験で分析、
助言は大きく変わります。


あなたのライフスタイル=人生シナリオ(性格)を、あなたと共に二人三脚で分析する心理カウンセラーを小倉広が務めます。 小倉広は、20万部を突破した最も売れているアドラーの名言集「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」(ダイヤモンド社)をはじめ、アドラー心理学の著作を4冊持つアドラー派の心理カウンセラーです。また、数多くの自己啓発書やリーダーシップ、マネジメントに関する著作を持ち、著作累計100万部突破のベストセラー作家でもあります。

ogurahiroshisama

→ 小倉広のプロフィール
→ 小倉広のマスコミ掲載
→ 小倉広の著作
→ 小倉広の「アドラー心理学」 メールマガジン

また、小倉広は「子育て中心のアドラー心理学を企業組織で活用するための架け橋となる」ことを使命とし、大手上場企業を中心に年間約百回の講演・企業研修を行っている講師・経営コンサルタントでもあります。

→ 研修講演実績一覧
→ 研修講演実績ベスト10
adlerbook
アドラー心理学のライフスタイル分析は、カウンセラーの技量や経験により、分析内容や助言は大きく変わります。そのため、信頼できるカウンセラーを選ぶことが大切です。心理学に関する知識や論理も大切ですが、クライアントの立場に立ち共感する傾聴力などのコミュニケーション能力、カウンセラーが歩んできた人生経験、カウンセラー自身のパーソナリティーやライフスタイルもカウンセリングの成果に大きく影響を及ぼすでしょう。あなたが、分析、助言を受ける際は、慎重にカウンセラーを選ぶことをお薦め致します。

小倉広のライフスタイル(性格)分析カウンセリングは、クライアント自身の理解と自己修正力を重視し、カウンセリングの前にライフスタイルに関する基本知識のレクチャーを講義形式で1時間行います。アドラー心理学の全体体系やカウンセリング理論を理解いただいてからカウンセリングに入っていくことで、クライアントの理解力や自己修正力が大きくアップし、プロセスに対する不安も減るでしょう。

ライフスタイル(性格)を
無理に変えなくてもいいのです。

「何歳ぐらいになったら、性格を変えるのには手遅れですか」とアドラーに尋ねたところ、アドラーは言いました。「死ぬ1〜2日前かな」/ A.M.ロス

アドラー心理学では、ライフスタイル(性格)は、過去の環境により受動的に決定されるのではなく、自らの意志で主体的、能動的に自己決定していると考え、これを「自己決定論」と呼びます。自分で決めたからには、いつでも誰でも変えることができる。ライフスタイル(性格)を変えることは、今、この瞬間から可能である、と考えるのです。

しかし、アドラーのこの言葉は「完璧に変わり終わる」のに1〜2日で事足りる、ということではない、と私は捉えています。 「変わり始める」のには1〜2日で可能である、という意味が現実的でしょう。
adler_reading.png

しかし、この「変わり始める」ことの偉大さを過小評価してはいけません。わずか1%の変化を毎日繰り返せば、複利の力で1年で37倍になるのです。そして、37倍にならずとも、10%〜20%変化しただけで他人へ与える印象は大きく変わることでしょう。つまり、「変わり始める」ただそれだけで「偉大な変化である」と言えるのです。

また、アドラー心理学は「所有の心理学」ではなく「使用の心理学」である、と定義しています。つまり、どのようなライフスタイル(性格)を「所有」しているかは、あまり重要ではない。そうではなく、ライフスタイル(性格)をどのように「使用する」かを大切にするのです。

なお、ライフスタイルが、あまりにも「私的論理」(プライベート・ロジック)として、かたよっており、著しくコモンセンスからずれている際は、修正も検討します。(アドラー心理学ではこれをベーシック・ミステイクと呼びます)その場合は、クライアントと個別に相談しながら、カウンセリングの進め方を決定して参ります。

グループ・カウンセリング(2日間)で、
安価に重層的な気づきを。

【 ライフスタイル(性格)診断グループ・カウンセリング (各回5名) 】
参加者全員で交互にライフスタイル診断をグループワークで行います。それにより、グループダイナミクス効果で気づきが重層的に深まり、また、参加者が自らのライフスタイル診断、対策立案できるようになることを目指します。

(1日目)10:00〜18:00 (休憩含・人数が多い場合は19:00まで)
  • アドラー心理学基礎知識講義 1時間〜ライフスタイル、認知論、目的論、対人関係論、優越と劣等など〜
  • ライフスタイル診断 1人目〜2人目
  • 〜家族布置分析、家族価値分析、家族の雰囲気分析、タイプ分類診断、早期回想分析〜
cs
(2日目)9:00〜17:00(休憩含・人数が多い場合は18:00まで)
  • ライフスタイル診断 3人目〜5人目
◉5月土日16時間コース(5名)5月20日(土)10:00〜18:00 21日(日)9:00〜17:00
会場:JR品川駅近辺追ってご連絡致します。

■ お支払いについて
・銀行振込 17万9500円(振込手数料500円当社負担)+税
・カード決済 18万円+税
・複数人同時申込割引(2名以上)(振込のみ)
16万9500円/一人あたり(1万円引、振込手数料500円当社負担)+税

* セッション開始前に参加者全員に守秘義務同意書に署名いただき、各自のプライバシー保護に留意します。
* 最低催行人員3名に満たない場合は、日程変更もしくはキャンセル返金をさせていただきます。
キャンセルポリシーはこちら

first

個人カウンセリング(1日)で、
プライバシー確保と時間の節約を。


【 ライフスタイル(性格)診断個人カウンセリング 】

グループワークの時間を節約し、自分自身のライフスタイルだけにシンプルに向き合いたい方へは個人カウンセリングをお勧めします。グループ・カウンセリングが2日間16時間、一人あたり約3時間であるのに対し、個人カウンセリングはお一人で6時間をマンツーマンで過ごします。日程の調整も小倉と直接行うため自由度が高く実施できます。また、現在満席キャンセル待ちとなっている「個人セッション」に比べて安価な価格設定となっております。
*ご参考:個人セッションの場合/1時間あたり7〜10万円 * 6時間 = 42万円〜60万円(税別)

(1日のみ)10:00〜17:00
  • アドラー心理学基礎知識講義 2時間〜ライフスタイル、認知論、目的論、対人関係論、優越と劣等など〜
  • ライフスタイル診断
〜家族布置分析、家族価値分析、家族の雰囲気分析、タイプ分類診断、早期回想分析〜

■ お支払いについて
銀行振込 27万9500円(振込手数料500円当社負担)+税
カード決済 28万円+税

* セッション開始前に守秘義務同意書に署名いただき、各自のプライバシー保護に留意します。
* スケジュールはカウンセラーの小倉とクライアントさんとの間で個別に設定致します。平日、休日共に可。
キャンセルポリシーはこちら

first

Top