作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

7月23日配信 小倉広メルマガ vol.194 『 好きな人の好きな人は好き 』



vol.194「好きな人の好きな人は好き 」

中学生の頃、山下達郎というミュージシャンを知った。

大ヒットした Ride on Time という曲も好きだったが、
On the street corner というアルバムに大きな衝撃を受けた。
このアルバムは達郎が学生時代に好きでよく聞いていたドゥーワップなどの
ブラックミュージックをカヴァーしたものだ。

私はこれらの曲を聞いて「発見」した。私は50〜60年代のブラック
ミュージックが好きだったのだ!、と。

しかし、そんな大昔のミュージシャンは私にとって聞いたこともない
名前ばかりだった。だから、誰を聞いていいのかよくわからなかった。
そこで私はアルバムのライナーノーツを隅から隅まで読み、彼が好きだと
いうミュージシャンのアルバムを片っぱしから買って聞いてみることにした。
プラターズ、ムーングロウズ、フラミンゴズ……。そして驚いた。

いいではないか!すべて、いいではないか!

そこで、私は気がついた。「好きなミュージシャンが好きなミュージシャンには
ハズレがない」と。

「好きな人の好きな人は好き」なのだ。

この法則を知ってから、私は知りたい分野に詳しい「好きな人」つまりは「波長が合う」
「趣味が合う」「尊敬できる」人を選び出し、とことんその人の好みを真似するように
なった。そして、それ以来「ハズレ」のない情報収集を続けている。

敬愛するセミナー講師の先輩、上村光典さんにお願いして
「これまでで最も良かったセミナー」を教えていただいた。

パソコンや通信に関しては、その分野のプロである著者仲間の立花岳志さん
オススメのガジェットはハズレタ試しがない。

落語とジャズという渋い趣味が共通しているバンド仲間の歯科医 ユーゴが勧めて
くれる噺家とジャズミュージシャンもとっても良い。

アドラー心理学の師である、アドラー心理学カウンセラー指導者、岩井俊憲先生が
ブログで紹介されている心理学の本はすべて必携の書である。

「好きな人の好きな人は好き」それを信じて、へたに自分のフィルターなどをかけずに、
勧められたものを「まる受け」する。そうすれば最も効率がよく、なおかつ
「自分にはこんな好みもあったのか!」と「発見」することができるに違いない。

尊敬する教育学者の森信三先生は次のような言葉を残している。

『修身教授録』森信三著(致知出版社)より

「私は教育において、一番大事なものとなるものは、礼ではないかと考えているものです。
つまり私の考えでは、礼というものは、ちょうど伏さっている器を、仰向けに直すような
ものかと思うのです」

「器が伏さったままですと、幾ら上から水を注いでも、少しも内に溜まらないのです。
ところが、一たん器が仰向きにされると、注いだだけの水は、一滴もあまさず全部が
そこに溜まるのです。これはまさに天地の差とも言うべきでしょう」

「実際人間は、敬う心を起こさなければ、いかに優れた人に接しても、またいかに
立派な教えを聞いたにしても、心に溜まるということはないのです」

「私がよく申す、批評的態度がよくないというのも、結局、批評的態度というものは、
ちょうどお皿を縦に立てておいて、そこへ水を注ぐようなもので、なるほど一応湿りは
しますが、しかし水はすぐに流れて、少しも溜まりっこないのです。そして結局は、
濡れただけというのがおちというものです」

「ところがこの敬うというには、敬うところの対象がなければならぬ。しかしこれは、
最初から誰にでも見付かるとは言えないのです」

「否、うっかりすると、生涯ついに敬うべき真の対象を見つけ得ないでしまう人も、
少なくないでしょう。そういう人は、つまり生涯器が伏さったままで終わる人です」

「では敬とはどういうことかと申しますと、それは自分を空しうして、相手のすべてを
受け入れようとする態度とも言えましょう。ところが相手のすべてを受け入れるとは、
これを積極的に申せば、相手のすべてを吸収しようということです」

「バケツに汚い水を入れたままでは、決して新しい水は入らない。古い水を捨て去って、
初めてそこに新たな水を満たすことができるのです」

「尊敬の念を持たないという人は、小さな貧弱な自分を、現状のままに化石化する人間です。
したがってわれわれ人間も敬の一念を起こすに至って、初めてその生命は進展の一歩を
踏み出すと言ってよいでしょう」

仕事も、遊びも、趣味も、学びも、皆同じ。

師を見つけるのだ。そして「まる受け」するのだ。へたに取捨選択などせずに、
言われた通りやってみるのだ。それが近道ではないか。
私はつくづく、そう思う。


【 編集後記 】

糖質制限ダイエット。

新しい健康法のため、人によって医師によって賛否両論ではあるものの、
確実に注目されている食餌法です。

しかし、私の大好きなラーメンやお米が食べられないなどありえない!
私はずっと無視し続けていました。

すると、ある日。
突然妻が「新しい糖質制限ダイエットだよ。これなら続けられるでしょ?」
と言って、朝食のテーブルに置いた皿の上には、ドーン!と牛肉のステーキと
チーズオムレツがあるではありませんか!

こ、これは。。。カロリーオーバーでは?

しかし、妻曰く、これこそが新しい糖質制限ダイエット。

Meat , Egg , Cheese つまりMECダイエットだというのです。

肉、チーズ、卵でたっぷりとタンパク質、脂質、繊維質、ビタミン、ミネラルを
取り、その代わりに炭水化物、糖質を徹底的にゼロに近づける。

すると体は脂肪を燃やしてエネルギーを取り出すようになる。
そんなダイエット法です。人は体の中から次の順番でエネルギーを取り出すそうです。
1:アルコール 2:糖質 3:脂肪 4:筋肉 2の糖質を抜くことにより、
3:の脂肪を分解してエネルギーに変える体をつくる。

これがこのダイエット法だというのです。

毎日たっぷり肉、卵、魚、チーズを取り、満足しながらダイエットは続いています。
今のところ2週間で3キロの成果。

さてさて。今度こそダイエットは続けられるでしょうか?
また、次回もお楽しみに!

Top