作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

4月4日配信 小倉広メルマガ vol.254 『 居酒屋でいばらない』



vol.254「居酒屋でいばらない 」
出典:何をやってもうまくいかないあなたがたった1分で自分を変える100の方法

「そんなに怒らなくてもいいのに……」。 私は、自分の近くの席に
座っているお客さんと店員さんのやりとりを見ていました。40代くらいの
男性が店員さんに向かって、

「料理が出てくるのが遅いんだよ!」「そもそもサービスがなっていない!」
と大声で文句を言っているのです。店員さんは「すみません、すみません」
と腰を低くして謝っています。

私もちょくちょく行くその居酒屋は、低価格なわりに料理が美味しいので、
いつも混み合っています。しかもいまは金曜日の夜。店内はまるで戦場のようです。
こんな状態なのだから、料理が出てくるのが遅いのはしかたがない。1人1人に
行き届いたサービスなんてなかなか難しいでしょう。

お金を払う側になると突然尊大な態度をとったり、相手に過度な要求を
押しつける人がいます。もし「お金を払っている」という意識でそういった
振る舞いをするのであれば、その人は、自分がその店に払っている金額を
考えたことがあるのかな?と思います。

たとえば3万円、5万円もするような高級レストランであれば、料理だけでなく
サーピスに対しても多額のお金を払っているのでそれ相応のサービスを求めるのは
当然でしょう。しかし3000円、4000円の居酒屋の多くは、少ない人数で多くの
お客さんの対応をしています。人件費もそんなに高くありません。
そんな状況を知っていれば、安い居酒屋で過度なサービスは求めないはず。
つまり安い居酒屋で過度なサービスを求めていると、「世間を知らない自分」
を露呈することになるのです。それは非常にかっこ悪いことではないでしょうか。

せっかく楽しく酒を飲んでいるのだから、料理が出てくるのが遅くても待てばいい。
何かミスがあっても笑って許せばいい。そう考えてゆったり構えていられる
自分が好きだなと思います。

Top