作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

2月28日配信 一偶を照らす vol.22『コミュニティで人生を豊かにする。』



vol.22 「コミュニティで人生を豊かにする。」
    
出典:人生を後悔しないために38歳までに決めておきたいこと(日本実業出版社)

■コミュニティで友達の輪を広げる

前章で僕は、「運動を続けるための一番いい方法は、友達を作ること」だ
と言いました。それは趣味も同じです。

仲間を作ると趣味を続けられるだ
けでなく、素晴らしい人間関係を築ける可能性があります。同じ趣味を持
っていると共通の話題がありますし、価値観も近いので、気の合う仲間が
出来やすいのです。

だから僕は、趣味のコミュニティに積極的に参加することをお勧めしてい
ます。そんなことを言いながら、かつての僕は、コミュニティがめんどうで避けていました。

たとえばランニングのコミュニティでは、走ることが大好きな人が集まっ
てワイワイやっています。なぜみんなあんな風に群れているのだろう?僕
には何だかついていけないな。

趣味なんだから皆、もっと自由に好き勝手にやればいいじゃん。そう思っ
ていました。本音を言うと、常連ばかりが集まっているところに馴染み
の無い自分が入っていくのがイヤだったのです。上から目線で新人扱いさ
れるのはご免だと思っていたのです。

だけど今は「新人でーす、よろしくお願いしまーす」と、恥ずかしがらず
に、むしろ積極的に参加するようにしています。そういう場所を大事にし
ようと考え直したからです。

年をとって定年退職したときに、友達や仲間がいなくて家にこもりっきり
になるのはすごく寂しいことだと思います。友達からひっきりなしに誘い
があって、忙しくて楽しくてしょうがない。

できればそんな状態でありたいと思います。そのためには、コミュニティ
に参加して友達の輪を広げておくことは、とても大切だなと気がついたの
です。

■仲間と一緒にやれば世界が広がる

ベストセラー作家で飲み仲間でもある石田淳さんは、2012年の4月に
サハラ砂漠マラソンに出場しました。

食料や装備を入れた12キロにもなるリュックを自ら背負いながら、灼熱地
獄の中を250キロ走る過酷なマラソン。いわば7日間連続でマラソンを続け
るようなもの。

後半には徹夜で100キロ近く走るすごいレースです。僕は石田さんから、
そのマラソンに「一緒に参加しましょうよ」と誘われました。「僕にはと
てもムリですよ」と答えると、「だったら、南極マラソンに行きましょう
よ。たったの42キロです。」と石田さんは言いました。

世界一過酷だと言われるサハラ砂漠マラソンに比べたら、南極マラソンは
まだ何とかなるかなあ。その考えには何の根拠もないのですが、行ってみ
てもいいかなと興味を持ちました。

誘われたらとりあえず少しでもやってみる。
それが僕の人生のコンセプトだからです。

趣味は仲間と一緒にやれば、楽しさも増え、世界がどんどん広がっていき
ます。「友達は喜びを2倍に、悲しみを半分にする。」と言います。
仕事を離れた趣味の人間関係が、やがては自分の財産になっていくに違い
ありません。

■ソーシャルネットワークを活用する

では、趣味のコミュニティをどうやって見つけるか。
その方法の一つに、facebookやミクシイなどのソーシャルネットワーク
を使う手があります。

そこにはすでに、趣味のコミュニティがたくさんあるので参加しやすいで
すし、自分でコミュニティを作ることもできます。
僕は、走る系のコミュニティとしては、「青山ランニングクラブPLATFO
RM」と「小倉広メルマガ読者会ランニングクラブ」と「リクルートの後輩
と皇居を走るクラブ」に参加しています。

「小倉広メルマガ読者会」、通称OHDには、ランニング以外にもさまざ
まなコミュニティがあります。テニス部、スキー部、登山部、ランニング
部、ゴルフ部、グルメ部、カラオケ部、などなど。僕は、そのうち、ラン
ニング、スキー、登山とグルメ部に在籍しています。

OHDは、僕が開催している「メルマガ読者会」に参加してくれた人たちが、
1回きりの出会いで終わるのはもったいないと始めたコミュニティです。
自然発生的に飲み会がバンバン開かれていて、気がつけばスキー部やラン
ニング部といった部活動ができていました。

最近はこの部活動が活発になってきたので、学校のように文化祭をやろう
という話になっています。すごいな、こんな風に盛り上がってコミュニテ
ィは広がっていくんだな、と感心しています。

そして、気の合う仲間たちと過ごすことの楽しさを、40歳を過ぎた今、
大いに満喫しているところです。

仕事が忙しくて趣味どころじゃないよ・・・。そう言って仕事ばかりして
いた30代。しかし、40代も後半になった僕は、30代のとき以上に忙しい身
ながらも、楽しく趣味とコミュニティを満喫しています。皆さんも「忙し
いから・・・」などと言い訳をせずに、どんどんコミュニティに参加して
みましょう。人生が変わること、保証します。

出典:人生を後悔しないために38歳までに決めておきたいこと(日本実業出版社)

【 編集後記 】

昨日は次世代リーダー塾の第一回「東洋哲学の偉人に学ぶリーダーに求
められる人間力と生き方」を開催。40名近い方にお越しいただきました。
http://www.ogurahiroshi.net/次世代リーダー塾ご紹介/

お陰様でアンケートでは大変ご満足いただけたようでホッとしました。
次回以降もぜひお楽しみに!

お知らせが二つあります。

《1》メルマガで大人気の水野浩志さんと二人でセミナーを開催します。

水野さん、僕のそれぞれのメルマガベスト3を読者の皆さんに投票
で選んでいただき、それについて公開の場で質問し合う、という一風変わ
ったセミナーです。

題して「オリジナリティーの高い思考力、文章力向上セミナー」。
お互いの頭の中をこれでもかと大公開します。
http://sp.m-stn.com/seminar/omthink/pre/

皆さんにお願いです。上記アドレスをクリックして、互いのメルマガベス
ト10を無料ダウンロードし、投票にご協力いただきたいのです。投票いた
だいた方にはセミナー参加割引など特典があります。ぜひご投票ください。


《2》サハラマラソン壮行会を開催します。

小倉広は2013年4月開催のサハラ砂漠マラソンに参加します。壮行会の
特別ゲストは昨年サハラを完走したベストセラー「戦わない経営」の著者、
浜口隆則さん。司会は同じくベストセラー「一億売るオンナの8つの習慣」
などの著者の太田彩子さんです。ぜひ日の丸に寄せ書きのメッセージを書き
にいらしてください。この日の丸を背に完走目指します!

「2013年 サハラマラソン壮行会」

(1)日時:3月26日(火)19:00~(受付開始:18:30~)

(2)会場:日本出版クラブ会館(神楽坂、http://www.shuppan-club.jp/) 3階「鳳凰」の間
   住所:東京都新宿区袋町6(http://www.shuppan-club.jp/map.html)
   電話:03-3267-6111

(3)定員:150名(定員に達し次第締め切ります)

(4)料金:6,000円(事前振込制)

(5)問合せ先:ヒューマン・ギルド 永藤かおる
(メール:nagato@hgld.co.jp、電話:03-3235-6741)

では、明日もお楽しみに!

Top