作家、講演家、心理カウンセラー

小倉広オフィシャルWebサイト

小倉広事務所 HOME

2月1日配信 小倉広メルマガ vol.240 『メンバーの顔を見てから勝利の方程式をつくろう 』



vol.240「メンバーの顔を見てから勝利の方程式をつくろう 」
出典:チームのルール

常勝チームは必ずといっていいほど「勝利の方程式=勝ちパターン」を
持っているものです。このパターンに持ち込めば、ほぼ勝ったも同然。
圧倒的な決定率を誇る必勝パターンを持つことでチームは飛躍的に
勝利へと近づくのです。

では、その「勝利の方程式」をどうつくるのか?それが問題です。
ポイントは、メンバーの顔を見てから方程式をつくること。

リーダーはえてして自分の得意パターンを「勝利の方程式」として
描きメンバーへ強制するもの。しかし、いくら素晴らしい方程式でも
メンバーの力量がそれに追いついていなければ、絵に描いた餅
でしかありません。リーダーの思惑はまさに思惑のまま終わり、
チームが常勝軍団になることはありません。

「組織は戦略に従う」。チャンドラーの有名な言葉です。ます始めに
戦略ありきで、しかる後、戦略を実現する組織や人材を構築すべし、
というごもっともの理論です。

しかしこれほど有名ではないものの、それと対極にある言葉を
アンゾフは述べています。つまり「戦略は組織に従う」というものです。
どんなに素晴らしい戦略を描こうとも、それを組織が実現できないのであれば
意昧がない。組織と人材に最も適した戦略を描くべき、まさに戦略は
組織に従う、と喝破したのです。

私の考えはどちらかといえばアンゾフ派。あまりにも組織重視に
偏ってはいけませんが、現実的に勝利の確率を上げていくためには、
美しい理想論は不要と考えます。

チームメンバーの顔を思い浮かべながら勝利の方程式を練り上げること。
決して理想論に走ってはいけません。

なぜならば、あなたのチームは今いるメンバーがベストメンバーなのだから。
もっと優秀なメンバーがいつか来てくれるかも、という幻想を抱いてはいけません。
「…かも」を前提にチームをつくるのは、ただのギャンブル。今のあなたには
身の丈にあった運営しかできないのです。

あなたが望む青い鳥は、すでにあなたのチームの中にいるのです。

Top